すずしんろぐ

初代IBOチャンピオン決定リーグ戦 決勝ブロック結果

 

初代IBOチャンピオン決定リーグ戦 決勝ブロック出場者

  • Aブロック1位 ジェイソン・ザ・テリブル
  • Bブロック1位 キラー・カーン
  • Cブロック1位 SHINOBI
  • Dブロック1位 マーク・ルーイン

<ジェイソン vs カーン>

ジェイソンの腕殺しにカーンの腕はダラリと下がるが、粘ったカーンが逆エビ固めで勝利!勝ち点5点をゲット。

<SHINOBI vs マーク>

マークの毒蛇戦法かSHINOBIの必殺フルコースか、どちらが相手をしとめるか?の勝負になったが、最後はSHINOBIの必殺フルコースが火を吹いて、勝ち点5点をゲット。

<マーク vs ジェイソン>

後のないジェイソンは必勝の構えで望んだが、最後はマークの必殺技スリーパーホールドによってジェイソンが落とされるという劇的な幕切れが待っていた。マークが勝ち点5点を得る。逆に2敗のジェイソンは完全離脱。

<カーン vs SHINOBI>

予選ブロック負けなしで勝ち上がったSHINOBI。決勝ブロックでもマークを破りこのまま突っ走るかと思われたが、カーンのコブラツイストにあっさりと負け、弱点を露呈した。これでカーンに5点で通算10点。一歩前に出る。

<ジェイソン vs SHINOBI>

ここまで勝ち星なしのジェイソンと、負けが許されないSHINOBIの対決。ジェイソンは定石どおりSHINOBIの腕を破壊するが、SHINOBIは冷静に足を使った攻撃を繰り出し、最後は毒霧から必殺のムーンサルトエルボードロップからの不忍固め(フルネルソンキャメルクラッチ)で勝負を決める。これでSHINOBIが5点獲得で10点になり、カーンと並ぶ。

<マーク vs カーン>

決勝ブロック最終戦。カーンとSHINOBIが10点で並び、マークが5点で追う状態。この一戦でカーンが勝てばチャンピオンはカーンに決定、マークが勝てば再び三つ巴の戦いとなる。どちらもどうしても勝ちたい一戦。カーンも攻め込んだが、マークの毒蛇戦法にスタミナを奪われ、最後はスリーパーに沈む。これでマーク、カーン、SHINOBIの三つ巴の戦いとなる。

 

<SHINOBI vs マーク>

先ほどはSHINOBIが勝っているが、マークも毒蛇戦法で対抗する、しかし、最後はマークのお株を奪うようなSHINOBIのコブラクラッチでマークがタップして試合終了。SHINOBIが5点ゲット。

<マーク vs カーン>

1敗のマークは負けられない状態だが、相手はすでに勝っているカーン。ここはマーク有利と見られたが、カーンが意地の逆エビ固めで勝利。勝ち点5点を獲得しSHINOBIと並ぶ。

<カーン vs SHINOBI>

勝ったほうが優勝、そして初代IBOチャンピオンとなる一戦。先ほどはカーンがコブラツイストで勝ちを奪っているが、果たしてどうなるか?

試合は一進一退の攻防が続くが、カーンの得意技であるツームストンパイルをSHINOBIが返したのが大きかったか徐々にSHINOBIがペースを摑み、最後はラ・マヒストラルで勝負が決まる。

 

youtu.be

 

初代IBOチャンピオンはSHINOBIに決定

f:id:maskednishioka:20170817144510p:plain

予選リーグから始まった初代IBOチャンピオン決定リーグ戦は、SHINOBIが優勝し、同時にベルトが授与された。

=リーグ戦の総括=

ファイプロ団体wMwの考え方として、強いだけのレスラーを育てる(作る)つもりはない。レスラー同士の勝敗は、試合をするごとに違う結果が出るのが理想で、それが観客(読者)を喜ばせることに繋がると考える。

今回のリーグ戦前の予想では、圧倒的に有利と思われていたマンモス鈴木や石川修司が予選ブロックで破れ、決勝ブロックでも同じ勝敗結果とならないことが、それを証明している。

今後も新しいレスラーの発掘と現レスラーの調整を行っていくが、この部分だけは崩さないように勤めていく。

 

ちなみに試合の動画の最後には、マークが優勝して戴冠というバグが発生しているが、これは間違いである。

f:id:maskednishioka:20170817144844p:plain

 

次期シリーズの予定

新加入の選手を含め、金網戦のチャンピオンを決めるトーナメント戦を開催予定。

乞うご期待!