すずしんろぐ

ファイプロワールドレスラー工房 レスラー紹介「ザ・グラジエーター」

f:id:maskednishioka:20170815215140p:plain

ザ・グラジエーター

f:id:maskednishioka:20170815215239j:plain

マイク・アルフォンソ(Mike Alfonso、1965年1月24日 - 2007年2月17日)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。フロリダ州タンパ出身。
ザ・グラジエーター(The Gladiator)、マイク・オーサム / マイク・アッサム(Mike Awesome)[1]などのリングネームで知られる。

1989年にデビュー。「ザ・プロ」(The Pro)、「マイク・オーサム」(Mike Awesome)などのリングネームで、アメリカ合衆国の小中プロレス団体で活動していた。
1990年、大仁田厚がプエルトリコに遠征中、当時抗争中であったビクター・キニョネスとプエルトリコ勢のレスラー達に襲撃され負傷、そのペナルティとしてプエルトリコのレスラーが出場停止となったため、本来来日するはずだったレスラーの代役として、ターザン後藤の推薦で9月にザ・グラジエーターとしてFMWに初来日。来日当初より2メートル級の長身から放たれるパワーボム「アッサムボム」とノータッチのトペ・スイシーダを披露し、リングを席巻した。

(中略)

2005年に行われたWWEのPPV、WWE ECW's One Night Standに対田中戦で出場。この際に前述の移籍騒動について解説者に取り上げられていた。その後、プロレスリング・ノアに出場予定だったが、シリーズ開幕前に内臓疾患により急きょ全戦欠場となる。このため本人は引退を決意。1年間の休暇を取り、その間に不動産取引のライセンスを取得。2006年から地元フロリダ州タンパの不動産会社に勤務していた。
2007年2月17日、外出に誘おうとした友人により、自宅の中で首を吊って死んでいる姿で発見される。検死の結果、自殺と判断された。42歳没。妻と2人の娘を残しての死であった。3日後、WWEはECW(2006年よりECWはWWEの1ブランドとして週1度のTVショーを行っている)の番組冒頭で、アルフォンソの死を告知し、追悼映像を放映した。

マイク・アルフォンソ - Wikipedia

これだけ体が大きいのに飛べるレスラーがインディー団体(FMW)に登場したのですから、当時のインディー団体を支持していたファンは熱狂しました。その後も田中将斗と、さらには小橋建太との戦いでファンを魅了してきましたが、最後は悲しい終わりを迎えています。

ファイプロでの再現は特に難しくなかったのですが、トペ・スイシーダとカミカゼ・アッサムボム(コーナーからのパワーオム)を見たいので、現在も試行錯誤中でございます。

 

動画はケンドー・ナガサキとの一戦ですが、う~む。

youtu.be

なお、Steamワークショップでダウンロードが可能です。

Steam Workshop :: ザ・グラジエーター