すずしんろぐ

ファイプロワールドレスラー工房 レスラー紹介「ケンドー・ナガサキ」

f:id:maskednishioka:20170815211738p:plain

ケンドー・ナガサキ

f:id:maskednishioka:20170815211147j:plain

桜田 一男(さくらだ かずお、1948年9月26日 - )は、日本の元大相撲力士、プロレスラー。本名(戸籍上の表記):櫻田 一男(読みは同じ)。ケンドー・ナガサキのリングネームで知られる。

父は網走刑務所の職員だった。中学卒業後、大相撲の立浪部屋に入門し、1964年1月初土俵。同期には島田(のちの天龍源一郎)がいる。本名の櫻田のあと『網走洋』『翠巒(みどりみね)』の四股名を名乗るが、先輩力士とのトラブルに端を発し、部屋の親方と反りが合わなくなり1971年3月廃業。同年日本プロレスに入門し、6月27日、戸口正徳戦にてデビューした。
日本プロレスには1973年の崩壊まで残り、その後、全日本プロレスに移籍(正式には1976年3月31日までは、日本テレビと3年契約を結んだ上、全日本へ派遣されていた。同年4月1日付で全日本正式所属選手となる)。1976年10月、ジャイアント馬場から「お前、髷が結えるか?」[1]と聞かれて「結えますよ」と答えたことで、プロレスに転向した天龍のアメリカ武者修行に帯同し渡米するが、渡米後は天龍と別行動を取り、『ミスター・サクラダ』のリングネームでアメリカをはじめカナダやプエルトリコなど北米各地を日本人ヒールとして転戦。

(中略)

その後、再渡米した際、古巣のフロリダでペイントレスラーの『ケンドー・ナガサキ』に変身し、頭頂部を剃り上げた落武者スタイルの怪奇派ヒールとしてダスティ・ローデスやビリー・ジャックと抗争。1984年1月22日にはマイク・ロトンドからNWAフロリダ・ヘビー級王座を奪取している[8]。1985年に全日本プロレスを退団し、ノースカロライナのNWAミッドアトランティック地区で後藤達俊と覆面タッグチーム『ライジング・サンズ』を結成。同年10月に新日本プロレスに参戦、リングネームを『ランボー・サクラダ』に改め、素顔で試合を行い、ブルーザー・ブロディともシングルマッチを行った。

(中略)

その後、1995年にグレート小鹿に誘われ大日本プロレスに参加し、デスマッチ路線で活躍するが、小鹿の意向でバーリトゥード挑戦を表明、当時「セメントマッチならナガサキが最強」と言われていたため、その強さを期待され、ジェラルド・ゴルドーの兄であるニコ・ゴルドーと対戦、年齢的な問題もあり苦戦したものの勝利を収めた。
そして、同年9月26日、47歳の誕生日であるこの日にシューティング(現:修斗)が主催した総合格闘技大会「Vale-Tudo Perception」に参戦し、キックボクシング出身のジーン・フレージャーと対戦し、試合開始後わずか36秒で失神KO負けとなり、以後バーリトゥード路線から撤退することとなる(この試合に関しては、事前に対戦相手のことも調べず、バーリトゥード向けのトレーニングも行っていなかった)。

桜田一男 - Wikipedia

ケンドー・ナガサキ(サクラダ)といえば、坊主頭のこわいおじさんというイメージが普通かもしれませんが、自分にとっては漫画プロレス・スターウォーズに出てきたのが、一番強いイメージなのです。

f:id:maskednishioka:20170815213255p:plain

なのでペイントをがんばってみたのですが、なんとなく納得出来ていません。しかも、思ったような強さに仕上げれていません。もう少し時間をください。

ただ、ケンカ最強!と謳われたのに、総合格闘技に打って出て、あっさりと負けるところは再現出来ていると思います。

 

動画はサンボ浅子との一戦ですが、負けちゃいます・・・。

youtu.be

なお、Steamワークショップでダウンロードが可能です。

Steam Workshop :: ケンドー・ナガサキ