すずしんろぐ

ファイプロワールドレスラー工房 レスラー紹介「スーパー宇宙パワー」

f:id:maskednishioka:20170801104934p:plain

スーパー宇宙パワー

f:id:maskednishioka:20170801105005p:plain

木村 浩一郎 (きむら こういちろう、1969年11月18日 - 2014年10月28日) は、日本のプロレスラー、総合格闘家。群馬県館林市出身。血液型O型。

大東文化大学在学中の1989年、サブミッション・アーツ・レスリング (SAW) に入門して格闘家としての活動をスタートした。1990年、FMWに参戦。同年7月18日の岡崎市体育館興行における三宅綾戦でプロレスデビュー。その後W★INGに参加し、柔道の徳田光輝、空手・誠心会館の齋藤彰俊らと共に格闘三兄弟の一人として活躍した。1991年にはリングスに参戦。5月11日の旗揚げ戦でSAWルールの試合を行い、同年12月7日からはリングスルールでの試合を行った。
1992年に大学を卒業、1994年には新格闘プロレス所属となり、1995年に西日本プロレスに所属後フリーランスとなった。同年4月20日にVALE TUDO JAPAN OPEN 1995の準決勝でヒクソン・グレイシーと対戦。1R2分7秒、スリーパーホールドで一本負け。
1997年からDDTプロレスリングに登場。DDTでは覆面レスラースーパー宇宙パワーになり新人レスラーのデビュー戦の相手を務めた。2000年より現場監督に就任。
2003年にWJプロレスに参戦して佐々木健介とシングルで対戦。2006年にはキングスロード、2008年にはバトラーツに参戦。他に不定期ながら池田大輔が率いるフーテンプロモーションにも参戦。2010年にハッスルに参戦。ハッスル崩壊後はハッスルMAN'Sワールドに参戦。2013年には、TAJIRI率いるWNCに参戦。
2014年10月28日、肺炎により死去[1]。2014年12月9日、新木場1stRINGで木村浩一郎追悼興行が開催された[2]。

木村浩一郎 - Wikipedia

自分がDDTを見始めた時には、スーパー宇宙パワーが去った後でした。DDTの代表である高木三四郎は、かつて弱小団体だったDDTの強さの象徴が木村浩一郎であり、その存在がDDTを強くした、みたいなことを語っています。

最近UWFに関する本を何冊か読んで、その中にも木村浩一郎の名前が出てきます。つまり、スーパー宇宙パワーの中の人である木村浩一郎は、インディー路線の団体でも格闘技路線の団体でも活躍できる、マルチプロレスラーだった思うのです。

ファイプロで再現するに当たり、木村浩一郎の試合はいくつか見つけることができたのですが、スーパー宇宙パワーが動いている動画は見つけることができませんでした。なので、技の選択や動きなどは全て想像となっております。

どうせ格闘技路線のレスラーを作るならと、どうしてもやってみたかったのが、相手の上をくるくる回る回転体で、がぶりからバックマウントに移行してまた戻る、というのを再現してみました。

あと、コスチュームについては、特にマスクが苦労しましたが、その甲斐あってキレイに出来たと思います。

ただ、作った当初は勝つには勝つのだけれど、試合が盛り上がらないレスラーに仕上がってしまい、そのへんの調整は今も難航しております。総合系の技を装備したことや、ファイトスタイルをグラップラーにしたおかげでロープに振られても返ってこないのが、その要因だとは思いますが、それはそれで調整しながらやっていきたいと思います。

 

動画は、蹴りの名手TNTとの対戦です。前述した、相手の上でくるくる回る回転体を見ることが出来ます。

youtu.be

なお、Steamワークショップでダウンロードが可能です。

Steam Workshop :: スーパー 宇宙パワー