すずしんろぐ

ファイプロワールドレスラー工房 レスラー紹介「栗栖 正伸」

f:id:maskednishioka:20170726230306p:plain

栗栖 正伸

f:id:maskednishioka:20170726231251j:plain

栗栖 正伸(くりす まさのぶ、1946年11月15日 - )は、日本の元・プロレスラー。鹿児島県肝属郡出身。身長175cm、体重100kg。

国士舘大学を卒業後、まず単身アメリカに渡り、ロサンゼルスを中心にレスラー修行を積む。1972年4月に新日本プロレス入門。1972年9月26日のリトル浜田(後のグラン浜田)戦でデビューするが、約7年に渡り前座クラスのレスラーとして長い下積み期間を過ごす。ドン荒川の後にアントニオ猪木の付き人をしていたのもこの時期である。1979年、先にメキシコ修行を行っていたグラン浜田と入れ替わるようにメキシコに遠征、マサノブ・クルスのリングネームでUWAのトップルードとして活躍を見せる、またこの時期に、後に新日本に参戦するKuroneko(後のブラック・キャット)とも知り合っている。

(中略)

1989年9月、大阪市平野区に「栗栖正伸トレーニングジム」を設立(後に廃業)。後進の育成に力を入れる。同年大仁田厚が立ち上げたFMWに参戦しレスラー復帰。この頃よりイス攻撃を中心とする独自のスタイルを前面に出し、複数のインディー団体に参戦、人気を博す。その後、天龍源一郎の立ち上げたWARや、古巣である新日本に参戦。特に新日本はインディーに対して攻撃的な気質で知られるが、その中にあっても座席部分が外れてしまうほど相手の頭を激しくぶち抜くイス攻撃を繰り出し、新日本側の選手とケンカマッチ的な激しい試合になることもあった。特に1990年8月3日に後楽園ホールで行われた橋本真也とのシングルマッチでは、橋本の左手甲をイス攻撃で骨折させ、自らも橋本の攻撃で足の肉離れを起こすなど、熾烈を極めた。だが、この試合がそれまで栗栖を敵視していた新日本ファンの心を捉え、試合後には栗栖コールが沸き起こった。栗栖はこれに感激し涙を流したと伝えられている。

栗栖正伸 - Wikipedia

説明不要のイス大王です。昔のレスラーを象徴するような体型と、パンチとキックで試合を作る日本人ながらアメリカの風を匂わせるファイトスタイルは、見ていてわかりやすく、時には狂気すら感じさせます。

パンチとキック、ヘッドバットとストンピング、これはなんとなく再現できたのですが、肝心のイス攻撃に関してはなかなか難しいですね。場外に下りたら必ず凶器を手にするのですが、振りかざして当てることがロジックではできません。

あと、細かいことですが、頭のハゲ具合がこれでいいのか?いまだに試行錯誤中です。

 

動画は巨漢レスラーのハンターAとの試合です。

youtu.be

なお、Steamワークショップでダウンロードが可能です。

Steam Workshop :: 栗栖 正伸