すずしんろぐ

ファイプロワールドレスラー工房 レスラー紹介「サンボ 浅子」

f:id:maskednishioka:20170726221423p:plain

サンボ浅子

f:id:maskednishioka:20170726221723j:plain

サンボ浅子(サンボあさこ、1963年8月27日 - 2004年5月18日)は、日本のプロレスラー。
本名は浅子 文晴(あさこ ふみはる)。東京都中央区出身。身長177cm、体重130kg(全盛期)。ニックネームはFMW第3の男。

中学2年生より柔道をはじめ、柔道家を経て、1982年の世界サンボ選手権で活躍後、第一次UWFやジャパン女子プロレスの営業マンとして働いていたが、1989年10月に大仁田厚が旗揚げしたFMWに初期のレスラーとして参加。同年12月1日、対徳田光輝戦でプロデビュー。

サンボ浅子 - Wikipedia

 体が大きくて、サンボの世界大会で活躍するほどの実力者のはずなのですが、どうにもやられっぷりの印象が強く、攻撃を受けたときに「アーーーーー!!」という叫び声が記憶にあります。

画像を見ると上下とも白い胴着を着ているのですが、なんだかしっくり来なかったので、下の胴着(パンツ)は黒にしています。あと、シューズについてはアマレスタイプに変更したほうがいいかもしれません。

あらゆる体勢から腕ひしぎを決めることができるのですが、極めてしまう前にやられることが多く、勝敗でいえば厳しいです。しかし、クリティカルが関節で設定してありますので、いきなり試合を終えてしまうギャンブル性が、このレスラーの魅力かもしれません。

 

動画はチビッ子レスラー、ミスター6号相手に極めちゃった試合です。

youtu.be

なお、Steamワークショップでダウンロードが可能です。

Steam Workshop :: サンボ 浅子