すずしんろぐ

ファイプロワールド エディットの研究

Fire Pro Wrestling World(以下、ファイプロワールド)のエディットについて研究したことをまとめます。もちろん、この研究結果がすべて正しいわけではございません。

特殊スキルについて

いくつかのサイトを参照にまとめてみましたが、サイトによって多少数値が違っていたりします。ただ、特殊スキルの方向性は同じですので、気にしなくてもいいかもしれません。もちろん、データについてはアップデートによって変更される場合がありますので、予めご了承ください。

スター性

体力0でパフォーマンスをすると技ダメージが10%UP(25%?)

クイックリターン

体力5~20%で気力60%以上の時、ダウン時間が1/8

一発逆転

体力10%以下で気力30%以上の時、クリティカル率2倍

スタートダッシュ

体力70%以上の時、得意技パラメータ補正+2(主、副)(攻撃パラメーター+1?)

根性

体力0の時、かけられた関節技の気力ダメージ1/2(ギブアップ確率1/20?)

反撃

体力5%以下で攻撃パラメータ全て+1(+2?)

一撃必殺

最初の2発目まで、必殺技ダメージ2.5倍

流血

流血すると技ダメージが5%UP(10%?)

ハードコア

凶器攻撃に対する防御パラメータ+3(攻撃パラメーターも?)

集中力

打撃、サブミッション、テクニックの被クリティカル率50%低下

柔軟性

スープレックス、パワーの被クリティカル率50%低下(1/4?)

ハードボディ

大技以外のフォールにほぼ3カウントをとられなくなる

スーパースター

スター性&一撃必殺

  • 体力0でパフォーマンスをすると技ダメージが10%(25%?)UP

  • 最初の2発目まで、必殺技ダメージ2.5倍

暴走戦士

 クイックリターン&スタートダッシュ

  •  体力5~20%で気力60%以上の時、ダウン時間が1/8

  •  体力70%以上の時、得意技パラメータ補正+2(主、副)(攻撃パラ+1?)

起死回生

 クイックリターン&一発逆転

  •  体力5~20%で気力60%以上の時、ダウン時間が1/8

  •  体力10%以下で気力30%以上の時、クリティカル率2倍

猛反撃

 クイックリターン&反撃

  •  体力5~20%で気力60%以上の時、ダウン時間が1/8

  •  体力5%以下で攻撃パラメータ全て+1(+2?)

見切り

 一発逆転&集中力

  • 体力10%以下で気力30%以上の時、クリティカル率2倍

  • 打撃、サブミッション、テクニックの被クリティカル率50%低下 

闘魂

スター性&一発逆転&反撃

  • 体力0でパフォーマンスをすると技ダメージが10%UP(25%?)

  • 体力10%以下で気力30%以上の時、クリティカル率2倍

  • 体力5%以下で攻撃パラメータ全て+1(+2?)

怪物

スター性&一発逆転&柔軟性

  • 体力0でパフォーマンスをすると技ダメージが10%UP(25%?)

  • 体力10%以下で気力30%以上の時、クリティカル率2倍

  • スープレックス、パワーの被クリティカル率50%低下

火事場のクソ力

一発逆転&根性&反撃

  • 体力10%以下で気力30%以上の時、クリティカル率2倍

  • 体力0の時、かけられた関節技の気力ダメージ1/2(ギブアップ確率1/20?)

  • 体力5%以下で攻撃パラメータ全て+1(+2?)

維新魂

根性&集中力&ハードボディ

  • 体力0の時、かけられた関節技の気力ダメージ1/2(ギブアップ確率1/20?)
  • 打撃、サブミッション、テクニックの被クリティカル率50%低下
  • 大技以外のフォールにほぼ3カウントをとられなくなる

 

身長とサイズの関係

最初からいるレスラーの身長と、身長サイズを調べてみると、以下のような関係がわかります。

  • Sサイズ    ~180cm
  • Mサイズ 181~189cm
  • Lサイズ 190~199cm
  • Gサイズ 200cm以上

ただ、これはひとつの目安であって、182cmでSサイズ、181cmでMサイズという例もあります。

 

受け身の効果

Steamにて見ることにできるマニュアルには、このように書かれています。

 通常は体力のある内に技を仕掛けられると返し技が発生しますが、LBを押しておくことであえて相手の技を受けることができます。組みかダウン技で効力が発揮されます。ダメージ軽減などはされませんが、「受け」ることによって被ったダメージに応じて、瀕死のときに思わぬ反撃の力を得られるかもしれません。

http://cdn.akamai.steamstatic.com/steam/apps/564230/manuals/FPW_ja_0707.pdf?t=1500947639

さらに2017/8/18に公開されたパッチ(バージョン 0.9005 リリース)の情報にこのようなことも書かれています。

■試合関連
・「受け」による気力回復と、攻撃力ボーナスが効いてなかった不具合を修正しました。

http://store.steampowered.com/app/564230/Fire_Pro_Wrestling_World/

 効果のほどは定かではありませんが、CPUロジックで受け身を1%以上にすると、ダメージは喰らいますが、気力回復と攻撃力ボーナスが付くようです。ただし、その詳細は不明です。

 

いわゆる男色ムーブの技の変化について

  • リップロック(バック)
  • ナイトメア(仰向け 頭)
  • あてがい(コーナー組)

この3つの技についてはレスラーの性別によって、出る技がストンピングに変わります。以下はデータは前作のリターンズの攻略本のものですが、ここに書き示しておきます。

かける場合が男

  • 男 ⇒ ストンピングに変わる
  • 女 ⇒ そのままの技が出る
  • 男(?)⇒ ストンピングに変わる
  • 女(?)⇒ そのままの技が出る

かける場合が女

  • 男 ⇒ ストンピングに変わる
  • 女 ⇒ ストンピングに変わる
  • 男(?)⇒ ストンピングに変わる
  • 女(?)⇒ そのままの技が出る

かける場合が男(?)

男 ⇒ そのままの技が出る
女 ⇒ ストンピングに変わる
男(?)⇒ そのままの技が出る
女(?)⇒ ストンピングに変わる

かける場合が女(?)

  • 男 ⇒ ストンピングに変わる
  • 女 ⇒ そのままの技が出る
  • 男(?)⇒ ストンピングに変わる
  • 女(?)⇒ そのままの技が出る

 

優先動作について

優先動作についてはアイデア次第でいろんな使い方ができるロジックです。きっと多くの方が独自の使い方をされているでしょうが、ここではあくまでも基本的な使い方をまとめてみます。

<キーとなる技の選択>

設定した技を選択します。(説明の便宜上、キー技と命名)

<指定できる行動>

キー技を出したあと、以下の行動を選択することができます。

  • 起こす
  • 転がす
  • 頭側で(中技)
  • 足側で(中技)
  • 頭側で(大技)
  • 足側で(大技)
  • 頭側で(押込)=フォール技
  • 足側で(押込)=フォール技

なお、相手のダメージを(小)と(大)に分け、それぞれ0~100%で設定できます。

<注意点>

キー技を出したあと、相手が仰向けになるかうつ伏せになるかで、最後の技が変わってきます。なので、事前に技設定で、技を出したあと相手がどうなるかを確認しておくべきです。

< 基本的な使い方>

一番簡単な使い方は、キー技から寝技や打撃技、フォールに繋ぐ形でしょう。

  • ドラゴンスクリュー ⇒ 4の字固め
  • フライングメイヤー ⇒ サッカーボールキック
  • ラリアット ⇒ フォール 

例えば、大技が決まって相手が倒れていても、4の字固めを出さないロジックにしておいて、ドラゴンスクリューを出したときだけ4の字固めを行う設定ができるわけです。

また、通常の技でフォール勝ち=しょっぱいエンディングにならないように、大技のときだけフォールをするように使っている方も多いようです。

つまり、通常のロジックのフォールに関する部分は0%にしておき、パワーボムなどのフォール技で3カウントを狙うようにしておいて、それに加えて垂直落下式ブレーンバスターのときだけ、優先動作でフォールするように設定しておけば、大技で試合が終わるようになります。

<組み合わせる使い方>

長州力の一連のムーブとして、以下のようなパターンがあります。

  • バックドロップ ⇒ ラリアット ⇒ サソリ固め

この再現が、以下のような設定で(ある程度は)可能です。

  • 優先動作で「バックドロップ ⇒ 立たせる」を設定
  • 通常ロジックで「中央付近でフラフラ ⇒ ラリアット」を高確率で設定
  • 優先動作で「ラリアット ⇒ サソリ固め」を設定

これで通常ロジックの「立たせる」と「サソリ固め」を行わないように設定しておけば、バックドロップが決まったときだけ一連のムーブが行われるわけです。

<個人的に好きなムーブ>

  • ムーンサルトエルボードロップ ⇒ 寝技

ムーンサルトエルボードロップは強引にリング中央に移動させるという特殊技です。なので、このムーブは必ずリング中央で行われて、出した寝技でロープブレイクはありません。なので、寝技のダメージが高くなるように設定(必殺技+特殊スキルを一撃必殺にするなど)しておけば、かなりの確率でギブアップを奪えます。

  • 腕攻撃 ⇒ 腕関節

ショルダーアームブリーカーやジャンピングアームブリーカーを出したあと、腕を極める腕ひしぎ逆十字固めや脇固めなどに移行します。腕を一点攻撃するタイプのレスラーには常套手段になります。

  • キチンシンク ⇒ 両腕取りデンジャラスニーキック

膝蹴りを得意とするレスラーを再現する場合、キチンシンク自体はつなぎ技ですが、続けて両腕取りデンジャラスニーキックを出すことで説得力が上がります。もちろん、その後に寝技などに繋げることも出来ますので、いろいろ試してみることができるでしょう。